フォトシエグランプリ

先週大阪へ行ってきました。
目的は大阪は梅田ヘップホールでやっているアルバムエキスポ。
f0209749_1653433.jpg


アルバムエキスポの内容は過去のブログ
http://hiro0714.exblog.jp/15111357/
か、
公式ホームページ
http://thanks-album.com/expo-osaka/
を見てみて下さい。

僕も中学生の時に作ったアルバムを展示していました。
それを来場者の方達が白手袋をすればめくっていける
という展示方法に少し不安だったのですが、
実際に行ってみるとみなさん丁寧に見てくれていて感動しました。

そして中央のスペースでは実際に自分のデジカメや携帯から写真を出力して、
アルバムを作るスペースが。

なんだかとても良い空気が生まれている空間でした。
f0209749_1733455.jpg


ほぼ毎日ここでイベントを行っていたそうなんですが、
その1つとしてでフォトシエグランプリという企画の1位が決まる日に、
浅田家の浅田政志君とアルバムエキスポのプロデューサーの
Re:sの藤本さんとトークショーをやりました。

フォトシエグランプリの説明です。
フィルムの写真をプリントする時に大体の方達は
何も考えずに写真屋さんに出しているでしょうが、
実はその写真屋さんのさじ加減で全然違った印象の写真になるんです。

その事を知った藤本さんが、
写真屋さんの事をフォトシエと命名して、
そのフォトシエの方達に僕と浅田政志君、梅佳代さん、
3人の写真家のネガをそれぞれプリントして展示して、
来場者に投票してどのプリントが1番好きか投票してもらうって説明です。

f0209749_17172864.jpg


壁に展示してある写真が実際の展示なんですが、
1枚1枚全然違いますよね?
僕も自分の写真が自分がプリントした色と全然違うのがたくさんあって面白かったです。

そして興味深かったのが、
1番になったのが昔ながらのレンズ焼きにこだわっている、
ワタナベカメラというお店だったのです。

今の写真屋さんのほとんどのお店は一度ネガをスキャンしたものを、
レーザー?(詳しいシステムは分からないです)とかで焼き付けて、
現像させているらしいのですが、
ここのお店はネガからレンズで印画紙に焼き付けるという、
昔ながらの機械を使い続けているお店なのです。

ちなみに僕と浅田君は見事に外してしましましたが。笑

見る側はちゃんと見ているという事が分かってとても面白かったですし、
勉強になりました。
f0209749_1727387.jpg


写真は見事グランプリに輝いたワタナベカメラのご主人と記念撮影。

この後、実際にお店へ遊びに行ったので、
またブログに書きたいと思います。

こんな長いブログ書いたの初めて!
疲れた〜。
[PR]
by hirokawaphoto | 2010-12-19 17:27
<< HAJIMETEMAZARE facebook >>